SEO対策とは

検索エンジン最適化のことであり(Search Engine Optimization)サーチ・エンジン・オプティマイゼーションといい、ある特定の検索エンジン(YAHOO、google検索など)を対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のことである

当社の考えるSEOサービスとは、

SEOとはセールスプロモーションの一部であり、H.Pの検索順位UPだけが、その全てではないと考えています。事業のサイズにあったSEOというものがあります。月商 50万〜200万くらいの個人経営の飲食事業から 年商数十億円規模の会社までいろんなクライアントさんがいます。
 すでに自社のしっかりとしたH.Pを、運営されている会社から、H.Pないところか、はたまたPCを持っておられなかった方までいます。その方は未だにメールアドレスを取得していません。(稀なケースですが、ここなら大丈夫と紹介だけで来た方です。)
 H.Pを制作して適切なキーワードで検索順位を上げるだけが当社のSEOサービスではありません。事業のベースにあったSEOサービスを、ご提案し顧客の集客のお手伝いをさせて頂きたいと存じます。
 マーケティングプランの策定は、当社とクライアント様の両者で共有されます。具体的な落とし込みをスケジュール化する事が、重要な事で、期日の無い目標は目標ではありません。事業プロセスの情報は共有すべき資産となり、局面においては、見直し、修正、改編をします。
 短期的なお付き合いではなく、事業プランの策定、企業育成プランから人事教育のご相談等、長期的戦略に基づいた事業最適化のお手伝いをいたします。成功するビジネスの方法論はマーケット、競合、市場性、将来性、社会性等を勘案し企業のサイズにあった形で、ご提案いたします。
(コミットメント) 
SEOとは当社にとってみえば、事業育成のための単なる投資であり、その先にある事業の発展に視点をおき、(エンドユーザー)顧客を共に創造して、ビジネスを共有し発展させる事が、当社の目標でありSEO事業の目的であると考えています。

(案件によってはご依頼に添えない事も御座います。)

SEOは手段であって目的ではない。

 SEO事業者の多くは、キーワード検索で上位表示する事が 成功するSEO対策と断言するでしょう。事業の成功が目的であるならば、上位表示は手段でありその過程におけるひとつの事象に過ぎないと言う事です。ビジネスにおけるリーチであり、機会の提供といえるでしょうが、ユーザーから見ればその行為におけるアンサーがなければコンバージョン率は低いものとなります。
 GOOGLEを代表とする検索のアルゴリズムの進化をみれば、検索エンジン側も検索表示におけるアンサー度を重要視しています。コンテンツSEOなどという言葉も最近の流行のようにいわれますが、重要な事はマーケティングプランを確立すると言う事です。サイレントマジョリティを知る事でマーチャンダイジングを確立する事が重要であると言う事です。
 対策するキーワードで上位表示したモノの必要としている反響がすくない。無駄なオーダーだけが増えている。本当に成約したい仕事の依頼がこない など上位表示がSEOの成功ではないと言う事がこのようなミスマッチングからも明白な事実であり、利用ユーザーから見ても悲劇と言わざる得ない事です。
 検索リテラシーの向上は、スモールワードへの対策が必要であるという統計データはWEBマーケティング世界の常識であり、WEB技術のテクニカル指標は基本大前提であり、ユーザーへのアンサーはそのマジョリティを知る事で可能であり、ビジネスの目的達成には必要不可欠な要素であるといえるでしょう。SEOの成功はWEBマーケティングとの両輪が必要であるが、あくまでも手段であり、目的ではないということであると言う事を認識する事が必要です。

購買行動の心理学

「AIDMAの法則」から「AISASの法則」を経て時代は「CISASの法則」へ

購買行動の心理学


事業別 ケースステディ

(1)飲食店
カレーライス店 A店の場合
現店舗の問題とその背景についての考察
 創業開始は25年程前 15年程前に一度閉店 人気店で昼食時には座れない程、当時 地下鉄あびこ商店街利用者での認知も高い 店名「カレー○○○」評判高い。一昨年前 加古川、堺等での営業を経てJRあびこ駅近くの住宅地でオープンするも認知が、思うように進まない。
(現状分析)
カレー○○○というブランドは当時の人には認知が進んでいる。○○○の様なカレー店(小麦粉不使用)はすくない。すこしPCに精通したスタッフがいる。
本格的にHPを立ち上げる前に飲食関連のブログ等で市場の反応をみる。カレー○○○、伝説のカレー大阪などブログ等で、検索上位表示後は、店名で検索された、お客が一度来るとリピーターになるらしくまずまずの反応である。店名をABIHAからあびはに戻す事も視野にいれ、
現在日替わりメニュー、サービス情報など整理して本格的にH.P立ち上げに注力している。(ソーシャルネットワーク、ブログ更新から情報発信)地元大学向け学生向けポイントカード導入、お持ち帰り用メニュー開発等が次の課題である。当初計画より順調に推移中。
2014年春リニューアルオープンに向け作戦進行中
食品メーカー通販サイトのケース

IMG_0630.JPG

事業別 ケーススタディ

(2)リサイクルショップ
リサイクルショップを成功に導くWEB広告とSEO対策についての考察
 リサイクルショップ成功の条件
 1、商品確保の為の買取システムの確立
 2、カレンダーテーマ遡求によるリピート率の向上
 3、エリア別マーケティング、チャネル政策による販売力向上
 4、WEB広告戦略による新規顧客の獲得(SEO対策)
 5、原価率向上のための営業管理手法の確立
現状分析)
リサイクルショップ 福岡買取センターはリサイクルショップ全国買取センターの福岡店であり、福岡の地域ニーズに対応し、福岡でリサイクル品の出張買取を行なっています。 行政区によってはリサイクル料金の設定も異なっているため福岡市を中心とした不用品全般に渡ってリユース(再利用)事業を優先に考えながらリデュース、リサイクルまで資源の有効利用に最善の意識をもって取り組んでいる会社である。
 取扱い品目
家電、家具、厨房機器、オフィス用品、電動工具など工具全般、オーディオ、楽器、きもの、骨董品、おもちゃ、スポーツ用品、キャンプ用品、雑貨類、ブランド、時計、ギフト、PC、管財物件、倒産品、リースアップ商品、店舗用品、など総合リサイクル事業がメインである。


 福岡市商圏の研究
九州地方の経済・行政・交通・文化の中心であり、また西南日本における主要都市のひとつである。市域を中心に都市雇用圏人口で全国第5位の規模を持つ福岡都市圏と、県下二位の人口規模を有する北九州市とともに全国第4位の規模を持つ北九州・福岡大都市圏が形成されている。多くの官公庁の行政機関や全国企業の支社などが置かれ、商業・業務等の高度な都市機能や広域交通機能の集積を背景に九州地方の中枢管理都市である。(wiki参照)
 商業施設としては天神地区のキャナルシティ博多を中心に駅周辺、中州などの歓楽街をふくめ、その奥行きは深い。又北九州商圏は福岡市周辺からは自走で往復100キロ近く離れており同一の営業地域とは見なされない、それそれが独立商圏と考える事が望ましい。

 このような事から福岡市における商圏の推移(世帯数703.314、人口1、458、063)
などから考察するとほぼ店舗、オフィスは福岡市博多区の中心部に集中している事が考えられ博多区を中心に考えれば大野城市、太宰府、春日市をふくめ営業商圏として考える事が出来る。

seo施策キーワード(福岡)

不用品買取 福岡市等で施策中
 当社管理サイト等で福岡地区のオーダーをエクスクルーシブ契約(エリア及びワード)現在もサイトを開発中 サービスの拡充を図っている。

事業別 ケーススタディ

(3)養鶏場のセールスプロモーション

WEBマーケティングとSEO対策を含めた、販路拡大についてのコンサルティング

養鶏場の現状とは
中小零細に事業における養鶏場の経営は鳥インフルエンザ問題からはじまって厳しい経営環境にあり、商品力の差別化をはかり、価格による過当競争の路線からの脱却が急務となっている。又2013年から始まったTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)における養鶏業界への影響を鑑みて早急に差別化路線を押し進める事が生き残りの最大のミッションである現状を考察しWEBマーケティングを含めた包括的なセールスプロモーションによる流通の主導権を握り、ブランド化を急ぐ事が必要と考えられる。

サイトリニューアルによる個人顧客の獲得、法人向けプロモーション、ブランド化戦略にそった取引先拡大と個人向け商品開発の2つのポイントを柱としたセールスプロモーションに力を入れたサイトリニューアルとseo対策を意識したコンテンツの拡充、情報の公開、ソーシャルネットワーク、ブログ、ポータルサイト登録等、顧客囲い込みをダイレクトターゲティングにむけた外部対策を充実させる。又独自のレシピ集などコンテンツをカレンダーテーマに合わせ提供する事でリピーターを確保する。
 流通のチャネル制作はブランドの共有化についてエリアマーケティングを策定し売り場確保すべく取扱店の開発に注力する。

現在包括的なマーケティングプランを策定中である。

SEO対策は検索エンジンアルゴリズムを読み解く事が鍵である。

日々進化する検索エンジンのアルゴリスムを読み解く上で、重要な事は検索エンジン側の公式アナウンスから、今後の検索順位付けの在り方、ソーシャルネットの対応によりリアルタイム検索機能、画像、動画検索の進化等が上げられる。又ワード分析、キーワードマッチングなどコンテンツ内の評価方法等、検索結果から得られる統計的なものが、上げられる。
 seo会社の検索上位実績と言っても、1年365日 1週間程度の実績を示されてもビジネスとして全く意味のない事であり、自社のサイトをどのくらい多くのキーワードでいくつのサイトを運営し、上位表示させているかが「評価のものさし」としては適していると考えられます。
 しかし検索エンジンの表示出力といっても相対評価であり、その方法論は様々であるという事を付け加えておきます。
遺品整理 家財処分 大阪というワードで何れだけコンテンツを充実させるかがポイントである。

seoブログ